リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > ウインドウを閉じる
 

ウインドウを閉じる

現在アクティブなウインドウまたは名前で指定した他のウインドウを閉じます。

参照 

オプション 

[現在のウインドウ] を選択すると、アクティブなウインドウが閉じます。

[ウインドウ名] では、閉じるウインドウを選択します。

[現在のファイルのみ] は、現在のファイルに一致するウインドウに制限します (このオプションを選択しない場合は利用可能なすべての FileMaker Pro Advanced ファイルに一致します)。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

ファイルの最後のウインドウを閉じるとファイル自体が閉じられ、現在のスクリプトが強制終了されます。また、Windows では、他のウインドウが開いていない場合または非表示になっていない場合、FileMaker Pro Advanced が終了します。FileMaker WebDirect では、最後のウインドウを閉じると現在の Web セッションからログアウトします。

例 1 

「請求書の印刷」レイアウトを使用して「請求書」テーブルの関連レコードに移動して印刷し、ウインドウを閉じます。

関連レコードへ移動 [関連レコードのみを表示; テーブル: 「請求書」; 使用するレイアウト: 「請求書の印刷」; 新規ウインドウ]
印刷 [記憶する: プリンタ; ダイアログあり: オフ]
ウインドウを閉じる [現在のウインドウ]

例 2 

現在のウインドウが非表示の場合、現在のウインドウを閉じます。

If [Get (ウインドウ表示) = 0]
ウインドウを閉じる [現在のウインドウ]
End If

例 3 

「請求書詳細」ウインドウが開いている場合、「請求書詳細」ウインドウを閉じます。

If [PatternCount (WindowNames (Get (ファイル名)) ; "請求書詳細")]
ウインドウを閉じる [名前: 「請求書詳細」]
End If

関連項目 

計算フィールドの定義

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)