リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > ファイルを閉じる
 

ファイルを閉じる

FileMaker Pro Advanced ファイルを閉じるか、ODBC データソースから接続を解除します。

参照 

オプション 

[現在のファイル] を選択すると、スクリプトステップを実行するファイルが閉じます。

[FileMaker データソースの追加...] では、接続を切断する FileMaker Pro Advanced ファイルを指定します。

[ODBC データソースの追加...] では、接続を切断する ODBC データソースを指定します。

[データソースの管理...] を選択すると、追加した外部データソースを変更するか取り除くことができます。FileMaker データソースの編集および ODBC データソースの編集を参照してください。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

ファイルが指定されていない場合は、FileMaker Pro Advanced では現在実行中のスクリプトが停止されてスクリプトの実行元の FileMaker ファイルが閉じられます。

このスクリプトステップでは、指定された ODBC データソースの接続を解除します。これにより FileMaker ファイルを閉じずに指定した ODBC データソースに異なったユーザ名とパスワードで「再ログイン」できるようになります。

メモ 

指定したファイルを移動すると、FileMaker Pro Advanced でそのファイルを閉じることができない場合があります。

[ファイルを閉じる] では、リレーションシップグラフで参照されている外部データソースを閉じることはできません。

例 1 

「請求書」データベースを開いてスクリプトを実行し、現在のウインドウを閉じます。

ファイルを開く [非表示の状態で開く: オフ ; 「請求書」]
スクリプト実行 [指定: 一覧から ; 「レコードのソート」, ファイル: 「請求書」; 引数: ]
ファイルを閉じる [現在のファイル]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

外部データソースを使用した作業