レイアウトとレポートの作成と管理 > レイアウトパートの操作 > レイアウトパートの変更
 

レイアウトパートの変更

1. レイアウトモードで、[レイアウト] メニュー > [パート設定...] を選択します。

2. [パート設定] ダイアログボックスでパートを選択し、[変更...] ボタンをクリックします。

3. [パートの定義] ダイアログボックスで必要な変更を行います。

 

変更する項目

操作

パートのタイプ

別のパートタイプを選択します。変更できるパートは、パートの場所と機能によって異なります。

小計パートの区分けフィールド

まず、フィールド一覧の上にあるテーブル一覧からフィールドを含むテーブルを選択します。フィールド一覧でフィールド名を選択します。

改ページとページ番号の変更

改ページとページ番号の定義を参照してください。

レイアウトパートの色

塗りつぶし色、線のスタイル、境界線、影、およびパディングの設定を参照してください。

レイアウトパートの色を素早く変更するには、パートラベルを右クリックします。

リスト形式のレコードを 1 行おきに変わる塗りつぶしで表示するかどうか ("代替" 表示状態で指定)

[代替の行状態を使用] を選択または選択解除します。

リスト形式で現在の (またはアクティブな) レコードをその他のレコードの別の塗りつぶしで表示するかどうか ("アクティブ" 表示状態で指定)

[アクティブな行状態を使用] を選択または選択解除します。

レイアウトパートの順序

パートの名前を新しい位置にドラッグします(移動できないパートは、名前の左側に ボタンツール が表示されます)。

メモ  レイアウトモードで操作を行っているときにステータスバー選択ツール ポップオーバーボタンツール をクリックして、パートの下端を示す線を Shift キーを押しながらドラッグすることができます。

パートとそのパートに配置されたオブジェクトを削除する

残しておくオブジェクトをレイアウト上の別のパートにドラッグします。矢印ポインタでパートラベルをクリックして、Backspace キーか Delete キー (Windows)、または delete キーか del キー (macOS) を押します。

パートに配置されたオブジェクトを削除せずにパートを削除する

矢印のポインタを使用してパートラベルを選択します。Ctrl+Backspace (Windows) または option-delete (macOS) を押します。

削除したパートの下のパートが、削除しなかったオブジェクトを含むように拡大されます。

メモ  この方法は、削除するパートの下にパートが存在する場合にのみ使用できます。

メモ 

次の場合は、タイプがグレー表示されて選択できなくなります:

パートタイプがすでに存在する場合 (レイアウト上に複数配置できるのは小計パートだけです)。

変更しようとするパートのレイアウト上の位置にそのタイプを配置できない場合 (たとえばタイトルヘッダは、レイアウトの上端にしか配置できません)。

最後のレイアウトパートとその中のオブジェクトを除くすべてのレイアウトパートをレイアウトから削除することができます。

関連項目 

レイアウトのフォーム形式、リスト形式、および表形式の設定

オブジェクトの表示状態の指定