セキュリティの管理 > アカウントアクセスの作成と編集 > アカウントアクセスの優先順位の変更
 

アカウントアクセスの優先順位の変更

ユーザがファイルを開くと、FileMaker クライアントは (認証) 優先順位が 1 番目のアカウントアクセスエントリを使用してファイルを開きます。これは、ユーザのアカウント名に一致するアカウントアクセスエントリ、またはグループ内にユーザのアカウント名が見つかったアカウントアクセスエントリです。1 番目のアカウントアクセスエントリよりも後のアカウントアクセスエントリはすべて無視されます。したがって、以下の状況が 1 つ以上該当する場合は、アカウントアクセスの優先順位を設定することが重要になります。優先順位を正しく設定しておかないと、ファイルを開くときに正しくないアカウントアクセスが使用される可能性があります。アカウントアクセスの作成と編集を参照してください。

次の場合、同一ユーザを認証する複数のアカウントアクセスエントリがファイルに含まれていることがあります:

個人ユーザの FileMaker ファイルアカウントアクセスと、同じアカウント名のユーザが含まれているグループの外部サーバーアカウントアクセスが存在する

外部サーバーアカウントアクセスが割り当てられている複数のグループに同じユーザが含まれている

個人ユーザの Microsoft Azure AD アカウントアクセスと、同じユーザが含まれている 1 つ以上のグループの Microsoft Azure AD アカウントアクセスが存在する

Microsoft Azure AD アカウントアクセスが割り当てられている複数のグループに同じユーザが含まれている

優先順位が問題になるのは、上記の状況に限られています。個人ユーザのアカウントタイプを使用している場合、各アカウントアクセスエントリの名前が必ず固有であるため、優先順位が問題になることはありません。

アカウントアクセスの優先順位を変更するには、次の操作を行います。

1. [ファイル] メニュー > [管理] > [セキュリティ...] を選択します。

2. 各アカウントアクセス名をドラッグして、目的の認証順序になるように移動します。

メモ 

優先順位を変更するには完全アクセス権が必要です。

関連項目 

アカウントアクセスの作成と編集