リファレンス > スクリプトステップリファレンス > アカウントに関連するスクリプトステップ > パスワード変更
 

パスワード変更

現在のアカウントに設定されているパスワードを変更します。

参照 

オプション 

[旧パスワード:] には、現在のアカウントの古いパスワードを入力します。

[パスワード:] には、現在のアカウントの新しいパスワードを入力します。

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときに [パスワード変更] ダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。[ダイアログあり] を [オフ] に設定している場合、FileMaker Pro Advanced ではスクリプトステップとともに保存されている文字パスワード情報が使用されるか、または計算式に基づいて新しいパスワードが生成されます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 7.0

説明 

このスクリプトステップを実行すると、[ダイアログあり] オプションが [オフ] に設定されている場合以外は、[パスワード変更] ダイアログボックスが表示されます。[パスワード変更] スクリプトステップではパスワードを変更することはできますが、アクセス権を変更することはできません。

メモ 

このスクリプトステップは FileMaker ファイルアカウントにのみ有効です。その他のアカウントタイプとゲストアカウントでは、エラーコード 3 (「コマンドが使用できません」) が返されます。

ユーザがこのスクリプトステップを使用してパスワードを変更するには、パスワードの変更アクセス権が必要です。パスワードの変更アクセス権のないユーザがこのスクリプトステップを実行するには、スクリプトパネルで現在のスクリプトを右クリックして、[完全アクセス権を付与] を選択します。

[エラー処理] スクリプトステップを使用してエラー処理を有効にしている場合を除き、ユーザはパスワードの変更を 5 回まで試行することができます。

[エラー処理] スクリプトステップが [オン] の場合、ユーザが古いパスワードと新しいパスワードを入力できるのは 1 回だけです。

例 1 

データベースが 10 回開かれるごとに 1 度 [パスワード変更] ダイアログボックスを表示し、ユーザにパスワードを頻繁に変更するように勧めます。OnFirstWindowOpen スクリプトトリガによって開始されます。

フィールド設定 [アカウント::開いた回数 ; アカウント::開いた回数 + 1]
If [アカウント::開いた回数 = 10]
フィールド設定 [アカウント::開いた回数; 0]
パスワード変更 [ダイアログあり: オン]
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)