リファレンス > スクリプトステップリファレンス > その他のスクリプトステップ > AVPlayer 再生
 

AVPlayer 再生

オーディオ、ビデオ、またはイメージをオブジェクトフィールド、レイアウトオブジェクト、または URL から再生します。

参照 

オプション 

[ソース] では、メディアのソースを指定します:

[レイアウトオブジェクト...] では、再生するメディアを含むレイアウトオブジェクトを指定します。

[フィールド...] では、再生するメディアを含むオブジェクトフィールドを指定します。フィールドはレイアウト上に存在する必要はありません。

[URL...] では、再生するメディアを含む URL を指定します。URL を入力するか、計算式から URL を作成します。

ソースを指定しない場合、このスクリプトステップは、可能な場合、アクティブなレイアウトオブジェクトを使用します。

[表示] では、メディアの表示方法を指定します。メディアのソースがフィールドまたは URL の場合、[表示] のオプションは [フルスクリーンのみ] および [オーディオのみ] です。

[フルスクリーンで開始] では、フルスクリーンでメディアの再生を開始しますが、表示を埋め込みに変更できます。

[フルスクリーンのみ] では、メディアをフルスクリーンで再生します。

[埋め込みで開始] では、埋め込みとしてメディアの再生を開始しますが、表示をフルスクリーンに変更できます。

[埋め込みのみ] では、メディアを埋め込みとして再生します。ユーザが表示をフルスクリーンに変更することはできません。

[オーディオのみ] では、オーディオだけが再生されます。

[インタラクションを無効にする] では、再生でのユーザインタラクションを有効または無効にします。このオプションを [はい] に設定すると、再生コントロールおよびジェスチャを使用してメディアを操作できなくなります。

[はい] では、再生でのユーザインタラクションが無効になります。

[いいえ] では、再生でのユーザインタラクションが有効になります。

[コントロールを隠す] では、メディアの再生中に再生コントロールの表示と非表示を切り替えます。再生コントロールを非表示にしてインタラクションを有効にすると、再生コントロールの代わりにジェスチャを使用できます。

[はい] を指定すると、再生コントロールが非表示になります。

[いいえ] を指定すると、再生コントロールが表示されます。

[位置] では、メディアの開始位置からの再生開始位置を秒で指定します。

[開始オフセット] では、メディアの開始位置から再生範囲の開始位置までを秒で指定します。再生範囲内でのみメディアを再生できます。たとえば、このオプションを「30」に設定した場合、ユーザはメディアの最初の 30 秒を巻き戻すことや、再生することはできません。このオプションのデフォルト値は「0」で、メディアは最初から再生を開始します。

[終了オフセット] では、メディアの開始位置から再生範囲の終了位置までを秒で指定します。再生範囲内でのみメディアを再生できます。たとえば、このオプションを「100」に設定した場合、ユーザはメディアの最初の 100 秒の部分以降を早送りすることや、再生することはできません。このオプションのデフォルト値は「0」で、メディアは最後まで再生できます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

いいえ 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 14.0

説明 

このスクリプトを使用して、FileMaker Go のオブジェクトフィールド、レイアウトオブジェクト、または URL からメディアを再生します。使用可能なメディアは、オーディオ、ビデオ、またはイメージファイルです。

再生中のメディアファイルを含む一番手前に表示されているウインドウを背後に移動しても、メディアファイルの再生は続行されます。

例 1 

OnRecordLoad スクリプトトリガがアクティブになった後、メディアファイルをフルスクリーンで再生し、再生コントロールを非表示にします:

AVPlayer 再生 [フィールド: ライブラリ::ビデオ ; 表示: フルスクリーンのみ ; コントロールを隠す: はい]

例 2 

最後に停止した場所からメディアファイルの再生を再開します。

フィールド設定 [ライブラリ::最後の停止位置; GetAVPlayerAttribute ("position")]
AVPlayer 再生 [フィールド: ライブラリ::ビデオ ; 位置: ライブラリ::最後の停止位置]

例 3 

メディアファイルを iPhone 用にフルスクリーンで、iPad 用に埋め込みで再生します。

If [Get (デバイス) = 3 //iPad]
AVPlayer 再生 [オブジェクト名: "オブジェクト" ; 表示: 埋め込みで開始]
Else If [Get (デバイス) = 4 //iPhone]
AVPlayer 再生 [オブジェクト名: "オブジェクト" ; 表示: フルスクリーンで開始]
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

[AVPlayer オプション設定] スクリプトステップ

[AVPlayer 再生状態設定] スクリプトステップ

GetAVPlayerAttribute 関数