オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトモードでのフィールドオブジェクトの書式設定と設定 > データ入力中にオートコンプリートを行なうためのフィールド設定
 

データ入力中にオートコンプリートを行なうためのフィールド設定

フィールドでオートコンプリート (直接入力) を使用する設定をして、ブラウズモードまたは検索モードで素早く値を入力できるようにすることができます。以前にフィールドに入力された内容または値一覧の値に基づき候補が表示されます。

次のテキストフィールドにのみオートコンプリートを使用することができます:

編集ボックス

ドロップダウンリスト

ドロップダウンカレンダー

メモ  レコードが作成または編集されたときに自動的に情報を入力するためのフィールドを設定するには、入力値の自動化の定義を参照してください。

データ入力中にフィールドでオートコンプリートを行なうように設定するには、次の操作を行ないます。

1. レイアウトモードで、フィ-ルドを選択します。

2. インスペクタデータ ラジオボタンが表示されたフィールド タブをクリックします。

3. [フィールド] 領域で、[コントロールスタイル] から、[編集ボックス]、[ドロップダウンリスト]、または [ドロップダウンカレンダー] のいずれかを選択します。

 

使用する項目

選択項目

[編集ボックス] または [ドロップダウンカレンダー]

既存の値を使用してオートコンプリート

候補はフィールドの索引に基づくため、索引設定が有効になっている必要があります。フィールドの索引オプションの定義を参照してください。

ドロップダウンリスト

値一覧を使用してオートコンプリート

指定された値一覧に基づいて候補が表示されます。候補が一覧に表示されないようにするには、[一覧の表示切り替え用アイコンを表示] を選択します。

メモ 

使用している値一覧が [2 番目のフィールドの値も表示]、[2 番目のフィールドの値のみを表示] または [2 番目のフィールドでソート] を使用するように設定されている場合、オートコンプリートはドロップダウンリストでサポートされません。値一覧の定義を参照してください。