リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 制御に関連するスクリプトステップ > ユーザによる強制終了を許可
 

ユーザによる強制終了を許可

実行中のスクリプトをユーザが停止することを許可または禁止します。

参照 

オプション 

[オン] に設定した場合、Esc キー (Windows) またはコマンド-.(ピリオド) (macOS) を押すとスクリプトを強制終了できます。

[オフ] に設定した場合、Esc キー (Windows) またはコマンド-.(ピリオド) (macOS) を押してもスクリプトを強制終了できません。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

[ユーザによる強制終了を許可] スクリプトステップが影響するのは、このスクリプトステップが実行するスクリプトおよびすべてのサブスクリプトです。

デフォルトでは、Esc キー (Windows) またはコマンド-.(ピリオド) (macOS) を押すことにより、ユーザがスクリプトを停止することができます。ユーザがスクリプトを終了できないようにするには、[ユーザによる強制終了を許可] スクリプトステップを使用して、それを [オフ] に設定します。

デフォルトでは不明の (旧式または認識されない) スクリプトステップによってスクリプトが停止します。この動作を変更するには [ユーザによる強制終了を許可] スクリプトステップを次のいずれかに設定します。いずれの場合も不明のスクリプトステップによって FileMaker Pro Advanced エラー 4 (「コマンドが見つかりません」) が返されます。

オン (デフォルト)。不明のスクリプトステップによってスクリプトを停止できます。

オフ。不明のスクリプトステップがスキップされて、スクリプトを引き続き実行できます。

クライアントでは、サーバーサイドスクリプト、またはカスタム Web 公開または FileMaker Data API で実行されるスクリプトを停止させることはできません。これらの場合、このスクリプトステップによって、不明のスクリプトステップがスキップされるかどうかのみが決定されます。

FileMaker Go では、このスクリプトステップは、ユーザが FileMaker Go に切り替えるときに実行中のスクリプトの動作にも影響を及ぼす可能性があります。詳細については、FileMaker Go デベロップメントガイドを参照してください。

例 1 

プレビューモードで新しいウインドウの「請求書の印刷」レイアウトでレコードを表示し、スクリプトを一時停止します。[続行] をクリックすると請求書が印刷されます。または [印刷] スクリプトステップで [ダイアログあり] オプションが [オン] であるため、[印刷] ダイアログボックスで印刷をキャンセルできます。[ユーザによる強制終了を許可] が [オフ] なので、スクリプトをキャンセルした場合は余分なウインドウは開いたままになりません。

ユーザによる強制終了を許可 [オフ]
新規ウインドウ [スタイル: フローティングドキュメント; 名前: "請求書の印刷"; 使用するレイアウト: 「請求書の印刷」(請求書)]
プレビューモードに切り替え [一時停止: オン]
印刷 [記憶する: プリンタ; ダイアログあり: オン]
ウインドウを閉じる [現在のウインドウ]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

Get (ユーザによる強制終了許可状態) 関数