レイアウトとレポートの作成と管理 > レイアウト上でのオブジェクトの描画と挿入 > レイアウトへのテキストの追加
 

レイアウトへのテキストの追加

レイアウトモードでレイアウトにテキストを追加すると、レイアウトをより使いやすくわかりやすくすることができます。たとえば、フィールドへのフィールドラベルの追加、定型書簡の作成 (データを表示するマージフィールドを使用)、または現在の日付、ページ番号、あるいはレコード番号の挿入などを行うことができます。

メモ  フィールド内にデータとしてテキストを追加または変更する場合は、ブラウズモードに切り替えてください。データの追加と表示を参照してください。

レイアウトにテキストを入力するには、次の操作を行います。

1. レイアウトモードステータスツールバーテキストツール テキストを上、アイコンを下に配置ボタン をクリックします。

2. I ビームポインタを使用して、次のいずれかの操作を行います:

テキストを追加する場所をクリックします。レイアウトをクリックすると、小さなテキストブロックが作成されます。このブロックは、テキストの入力に合わせて拡大します。

ポインタをドラッグして、テキスト枠のサイズを定義します。

カーソルが点滅表示されます。

3. テキストを入力します。

フォント、スタイル、行間、文字色、配置といったテキストの書式設定オプションを設定するには、テキストの書式設定を参照してください。

メモ 

レイアウトに入力、または貼り付け (ペースト) したテキストブロックはオブジェクトの一種とみなされ、他のオブジェクトと同じように操作することができます。たとえば、テキストオブジェクトに背景色や枠を設定することや、テキストオブジェクトを回転することができます。詳細については、オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集を参照してください。

テキストはレイアウト上の任意の場所に配置できますが、ブラウズモードやプレビューモードでは、どのレイアウトパートに配置されているかによって、テキストの表示が変わります。たとえば、各レコードに対して一度ずつ表示されたり、レポートの最上部のみに表示されたりします。レイアウトパートの詳細については、レイアウトパートのタイプについてを参照してください。

定型書簡を作成するには、空白レイアウトを作成し、テキストツールを使用して、書簡の領域を設定します。テキストを入力し、名前や住所などのフィールドにマージフィールドを挿入します。詳細については、レイアウトの作成、およびレイアウト上でのマージフィールドの配置を参照してください。

関連項目 

フィールドラベルの追加と変更

テキストの書式設定