関連テーブルの操作 > リレーションシップグラフの操作 > テーブルオカレンスの追加と選択
 

テーブルオカレンスの追加と選択

リレーションシップで使用されているテーブルオカレンスは、すべてリレーションシップグラフに表示されている必要があります。これには、外部データソースのテーブルも含まれます。テーブルオカレンスを追加した後に、テーブルオカレンスを選択して相互関係を確認することができます。

リレーションシップグラフにテーブルオカレンスを追加するには、次の操作を行います。

1. [ファイル] メニュー > [管理] > [データベース...] を選択します。

2. [リレーションシップ] タブをクリックして オブジェクト選択ボタン をクリックします。

3. [テーブルを指定] ダイアログボックスでは、次の操作を行うことができます:

現在のファイルから他のテーブルオカレンスを追加するには、テーブルの一覧からテーブル名を選択します。

外部データソースのテーブルオカレンスを追加するには、[データソース] を選択してテーブルの一覧からテーブル名を選択します。

 

目的

選択項目

現在の FileMaker Pro Advanced ファイルからテーブルオカレンスを選択する

[現在のファイル]

[ファイルを開く] ダイアログボックスを使用して別の FileMaker Pro Advanced ファイルを選択する

[FileMaker データソースの追加...]

この方法を使用すると、FileMaker データソースを最も簡単に追加することができます。

ODBC データソースを選択する

既存の ODBC データソース名か、新規に追加する場合は [ODBC データソースの追加...]

ODBC データソースの編集を参照してください。

複数のパスが含まれる FileMaker データソースおよび ODBC データソースを追加する、または既存のデータソースを編集、複製、または削除する

[FileMaker データソースの追加...]

外部データソースへの接続を参照してください。

4. 必要に応じて、テーブルオカレンスを変更します。

リレーションシップグラフに表示される各テーブルオカレンスは、固有でなければなりません。

関連テーブルを選択するには、次の操作を行います。

1. データベースのリレーションシップグラフを開きます。

リレーションシップグラフの操作を参照してください。

2. 1 つまたは複数のテーブルオカレンスを選択します。

3. テキストノート追加ボタン をクリックして、強調表示するテーブルオカレンスを選択します。

 

目的

選択項目

直接関係しているテーブルを強調表示する

[1 テーブル離れた関連テーブルを選択]

ヒント  コマンドをもう一度選択して次の関連テーブルまたは一連の関連テーブルを選択します。

同じソーステーブルを基にしたテーブルオカレンスを強調表示する

[ソーステーブルが同じテーブルを選択]

関連項目 

関連テーブルの操作

カスタム App の作成

リレーションシップの条件について