FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用 > ODBC および JDBC 経由の FileMaker データベースの共有
 

ODBC および JDBC 経由の FileMaker データベースの共有

FileMaker Server を使用して FileMaker データベースファイルをデータソースとして共有し、ODBC および JDBC を使用して他のアプリケーションとデータを共有できます。FileMaker Server は最大 50 までの接続が使用でき、ローカルアクセス (同じコンピュータ)、およびリモートアクセス (Web サーバーなどのミドルウェアと、デスクトップ生産性向上アプリケーションからのリモートクライアントアクセスの両方) をサポートしています。

共有されている FileMaker Pro Advanced データベースを ODBC および JDBC を使用して共有するには、次の操作を行います:

1. FileMaker Pro Advanced で、データベースを開いてデータベースにアクセスするアカウントのアクセス権セットを編集します。ODBC/JDBC によるアクセス拡張アクセス権を有効にします。FileMaker Pro Advanced ヘルプを参照してください。

メモ  FileMaker データベースソリューションが複数の FileMaker データベースファイルを使用している場合は、すべてのデータベースファイルは、ODBC/JDBC によるアクセス拡張アクセス権が有効になっているアクセス権セットを使用する必要があります。

2. FileMaker Server Admin Console で、[コネクタ] > [ODBC/JDBC] タブをクリックして [ODBC/JDBC] を [有効] に設定します。

3. データベースファイルをアップロードします。データベースの共有を参照してください。

メモ  FileMaker ソリューションで複数の FileMaker データベースファイルを使用する場合、すべてのデータベースファイルは同じ FileMaker Server 展開上で共有されている必要があります。

4. 共有データベースにアクセスする必要がある各クライアントコンピュータ上で、FileMaker ODBC または JDBC クライアントドライバをインストールして構成します。

FileMaker ODBC と JDBC ガイド』を参照してください。

関連項目 

FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用