FileMaker Customer Console の基礎 > FileMaker ID について
 

FileMaker ID について

メモ  次の情報はチームマネージャ向けです。

FileMaker ID 統合サインオンシステムでは、Claris Connect ユーザと FileMaker Cloud の共有 FileMaker カスタム App のユーザを認証します。

認証の設定

FileMaker Customer Console で次の操作を行います:

FileMaker Cloud: FileMaker Cloud ホストに関連付けられているチームFileMaker ID ユーザを追加します。チームマネージャは、各自の FileMaker Cloud チームに参加するようにこれらのユーザを招待できます。

Claris Connect: Claris Connect チームに参加するようにユーザを招待します。FileMaker ID がないユーザは ID を作成するように求められます。

FileMaker Cloud でカスタム App を共有

FileMaker Cloud の共有カスタム App を使用するユーザのグループを作成します。Claris FileMaker Pro™ Advanced で、FileMaker ID アカウントアクセスを作成してファイルを使用して作業するグループまたは個々のユーザに付与します。次に、FileMaker Cloud を使用してカスタム App を共有します。ユーザはアクセスを許可されたカスタム App を使用して作業することができます。(プロダクトドキュメンテーションセンターの FileMaker Pro Advanced ヘルプおよび FileMaker Cloud ヘルプを参照してください。)

メモ 

外部アイデンティティプロバイダ (IdP) によってユーザを認証することもできます。認証を設定するには、「外部アイデンティティプロバイダを使用する FileMaker ID アカウントの認証」を参照してください。

FileMaker Cloud で Claris FileMaker Data API または OData API を使用するには、FileMaker ID を使用して認証する必要があります。「外部認証での FileMaker ID の使用」を参照してください。

FileMaker プラットフォームで使用できるセキュリティ機能および実行できるセキュリティの手順の詳細については、プロダクトドキュメンテーションセンターの FileMaker セキュリティガイドを参照してください。

関連項目 

チームの管理